国税徴収法

『4日でマスター!徴収実務』で国税徴収法のイメージをつかむ

        ※当ブログは広告を掲載しています


こんばんは、ミントです。
国税徴収法の勉強の一環として『4日でマスター!徴収実務』を読んでみました。

なんでこの本?というと、私が国税徴収法を税理士試験の選択科目に選んだキッカケとなったブロガーさんの記事で紹介されていたからです。

これも先日読んだ徴税吏員のマンガと同じで、徴税吏員のお話しです。
つまり地方税の徴収ってことですね。

マンガではビジュアル重視で、なんとなくボヤ~ンと徴収について学んだのですが、今回読んだ本は徴収課に配属された主人公が、研修や勉強会、納税交渉、実態調査を通じて徴収課の実務を学んでいく、というストーリで、徴収にまつわる言葉の勉強になりました。

1回読んだだけではモチロン理解はできないけれど、徴収についてまったく無知の私でもなんとなーく、この言葉はこういうことなんだな、というイメージは沸きました。

国税と地方税がバッティングした時はどうやって決めるのか?なんかは面白かったし、滞納整理とか、法廷納期限等とか、交付要求・参加差押えとか、よく使われる言葉はなんとなくスラッと読めるようになったかな。

最初のページの方は読むのに戸惑い、ゆっくり音読しながら読んでいたのでかなり時間がかかったのですが、後半になってくると読む時間も早くなってきた気がする。

督促をしても税金を納めなかったら、財産調査をして差押え、って刑事みたいで面白いですね。

このイメージを持って、いよいよ税務大学校の『国税徴収法(基礎編)』を読んでみたいと思います!目次を見ると、本で見た言葉が沢山でてきているのでどんな内容なのか楽しみです。

消費税法の計算を仮計表を作成しないで解いてみたら散々だった前のページ

税理士試験の勉強にはフリクションボールペンが欠かせない次のページ

関連記事

  1. 国税徴収法

    国税徴収法の理論暗記が迷走中…

    こんばんは、ミントです。現在、国税徴収法の勉強をしているんです…

  2. 国税徴収法

    ネットスクールの『国税徴収法』のテキストは分かりやすい

    こんばんは、ミントです。法人税法に引き続き、国税徴収法もネットスク…

  3. 国税徴収法

    テキストの最終ページが近づくにつれ手抜きになる

    こんにちは、ミントです。9月下旬頃から、過去の計算テキストと理…

  4. 国税徴収法

    前に理解できなかった「優先額の限度等」が分かってきた話

    こんばんは、ミントです。なんとなーく国税徴収法の勉強を始めて、早1…

  5. 国税徴収法

    2019年税理士試験『国税徴収法』の自己採点をしてみた

    こんばんは、ミントです。「やっててよかった、公文式」ならぬ「や…

  6. 国税徴収法

    「差押換え」と「引渡命令」がゴチャつく

    こんばんは、ミントです。発狂しそうな程に長い10連休ではありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士試験ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

アーカイブ

  1. 消費税法

    税理士試験(消費税法)合格答案を作成する為の戦略
  2. 雑記

    2020年、早々に税理士試験撤退を決めて良かった話
  3. 国税徴収法

    国税徴収法第24条の譲渡担保が難しい…
  4. 消費税法

    税理士試験の理論暗記は背景を理解できればラクなのかもしれない
  5. 消費税法

    勉強は裏切らない!やっただけ身につくから成長が見えて面白い
PAGE TOP
テキストのコピーはできません。